きょうの寝言
dum spiro, spero. - 生きている限り希望がある。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
港リスト(西アフリカ版)
ゲーム内の街・補給港・上陸地点の一覧、第4弾です。
上陸地点の地名は推定。
大航海時代と現在の領有・地名対比つき。

ゲーム内の西アフリカに相当します。


ゲーム内設定 大航海時代当時 (~近代) 現在
地名 交易圏 海域 地名 領有 地名 領有
カーボヴェルデ
Cabo Verde
西アフリカ 穀物海岸沖 リベイラ・グランデ
Ribeira Grande
ポルトガル 1642-1975 シダデ・ベリャ
Cidade Velha
カーボベルデ
アフリカ西岸 穀物海岸沖 ビサウ
Bissau
ポルトガル 1687-1974 ビサウ
Bissau
ギニアビサウ
シエラレオネ
Sierra Leone
西アフリカ 穀物海岸沖 (穀物海岸)
セラ・リオア
Serra Lyoa
シエラ・レオン
Sierra León
英 1792-1961 フリータウン
Freetown
シエラレオネ
大西洋中央西岸 黄金海岸沖 (胡椒海岸)
(穀物海岸)
カーボ・ダス・パルマス
Cabo das Palmas
リベリア 1833- ハーパー
Harper
リベリア
アビジャン
Abidjan
西アフリカ 黄金海岸沖 (象牙海岸)
アビジャン
Abidjan
フランス 1893-1960 アビジャン
Abidjan
コートジボワール
サンジョルジュ
São Jorge
西アフリカ ギニア湾 (黄金海岸)
サン・ジョルジュ・ダ・ミーナ
São Jorge da Mina
ポルトガル 1482-
ネーデルラント 1637-
英 1872-1957
エルミナ
Elmina
ガーナ
ベニン
Benin
西アフリカ ギニア湾 (奴隷海岸)
ラゴス
Lagos
ベニン王国
英 1886-1960
ラゴス
Lagos
ナイジェリア
アフリカギニア湾北 ギニア湾 ドイツ帝国 1884-
英 1922-1961
カメルーン
ドゥアラ
Duala
西アフリカ ギニア湾 ドゥアラ
Duala
ドイツ帝国 1884-
フランス 1922-1960
ドゥアラ
Douala
カメルーン
サントメ
São Tomé
西アフリカ ギニア湾 サントメ
São Tomé
ポルトガル 1470-1975 サントメ
São Tomé
サントメ・
プリンシペ
ルアンダ
Luanda
西アフリカ ギニア湾 サン・パウロ・ダ・アスンサン
デ・ルアンダ
São Paulo da Assunção
de Loanda
ポルトガル 1575-1975 ルアンダ
Luanda
アンゴラ
ベンゲラ
Benguela
西アフリカ ナミビア沖 サン・フィリペ・デ・ベンゲラ
São Filipe de Benguella
ポルトガル 1617-1975 ベンゲラ
Benguela
アンゴラ
アフリカ南西岸 ナミビア沖 ムサメデス
Moçâmedes
ポルトガル 1840-1975 ナミブ
Namibe
アンゴラ
カリビブ
Karibib
西アフリカ ナミビア沖 ウォルヴィスベイ
Walvis Bay
英 1878-
南アフリカ 1910-1993
(国連 1960-1973)
ウォルヴィスベイ
Walvis Bay
ナミビア
アフリカ南南西岸 喜望峰沖 リューデリッツ
Lüderitz
ドイツ帝国 1884-
南アフリカ 1910-1990
(国連 1960-1973)
リューデリッツ
Lüderitz
ナミビア
ケープ
Cape
西アフリカ 喜望峰沖 カープスタット
Kaapstad
ムーデルスタット
Moederstad
ネーデルラント 1652-
英 1795-
ネーデルラント 1803-
英 1814-1910
カープスタット
Kaapstad
ケープタウン
Cape Town
南アフリカ
ケープ海盆 ケープ海盆
Cape basin

アフリカ。
大航海時代にポルトガル人などが発見こそしたものの、19世紀後半まで
欧州の特定の国の支配を受けずに、各国が小規模の軍事拠点を設けて競合するか、
またはほとんど放置されていた場所も案外多いようだ。

曲者はカリビブ。実はこの地名は港ではないし、港だったこともない。
約200kmほど内陸にあり、船で遡上できるような河川もない。
ナミビアは、流刑地にすらできなかったほど不毛な地が広がっている土地で、
欧州人たちは、幾度となく訪れてはいたものの、長い間放置していた。
元々カリビブは現地人が利用していた小さな湧水地で、19世紀後半に
近くで銅鉱脈が発見され鉄道が敷設されるまでは欧州人の入植はほとんどなかった。
ゲーム内の交易所で売ってるダイヤモンドの鉱脈発見は20世紀に入ってから。
しかもその埋蔵の大半が沿岸から海底の鉱脈で、現在では浅海部分はほぼ掘り尽くされて、
潜水艇などによる深海の海洋底鉱脈での採掘が産出量の95%以上を占めるという。
ただ、ゲーム内の港の位置だけはあながちウソではなくて、ナミビア沿岸でほぼ唯一の
天然の深水港、ナミビア周辺の鉱山の一大積み出し港として有名なウォルビスベイがある。

約200km内陸で遡れる川がなくても港扱いなんだから、約50~100km内陸にあって
遡れる大河川のあるナント・ボルドー・セビリア・ハンブルク・ブレーメンなんかが
ゲーム内ではあたかも沿岸にあるように配置されているのもわかる気がする。
肥にとっては200kmなんて大した誤差じゃないんだろう。ヽ(´ー`)ノ


ちなみに約200kmといえば。
このあいだ実際のサンプルを見せられる機会があって大いに驚いたことなのだが、
隣の某国のマスコミが自国内向けに使う地図や教科書に掲載されている地図では、
とある島の位置を実際より西へ約200km移動して、自国のすぐ沿岸にあるように書かれていた。
某初代大統領以来の政府の姿勢によるものだそうだ。
某国にとっても200kmなんて誤差のうちに入ってないみたいだ。ヽ(´ー`)ノ
.


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
著作権・権利表記について
このサイトに掲載されているゲーム画面の画像は、それぞれ各開発会社の著作物であり、
各サービスの著作物利用規約に基づいて利用許諾が明示されているものです。
著作権、一切の知的財産権、その他全ての権利は各会社に帰属します。
転載および再配布を含む二次利用は禁止されています。

「大航海時代® Online」は、株式会社コーエーの登録商標です。
© 2005-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
「ファンタシースターオンライン ブルーバースト™」「Phantasy Star Online Blue Burst™」は、株式会社セガの登録商標です。
© SEGA, 2000, 2005.
「ファンタシースターユニバース™」「Phantasy Star Universe™」は、株式会社セガの登録商標です。
© SEGA
「ファイナルファンタジー」「Final Fantasy®」シリーズは、株式会社スクウェア・エニックスの登録商標です。
Copyright © 1987-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
copyright © 2005-2008 きょうの寝言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。